木造建築のメリットを実際に住んできた経験をもとにいくつかあげていきたいと思います。
まずは、思った以上に丈夫だと言うことです。我が家も大黒柱と言われるような太い柱が3本で支える構造でした。建築後40年を過ぎているので何度かリフォームも行いましたがこの柱がある限り多少触っても大丈夫だというのが工務店の方のご意見です。
次にリフォームを行う際の融通のききやすさです。実際に鉄筋コンクリートを使っていると柔軟なレイアウト変更、つまり壁を壊したりすることが難しいのですが木造建築であれば比較的柔軟にレイアウト変更を行うことができます。
そして、何よりも生活に温かみがあることです。これは住む方の雰囲気だけではなく実際の体感温度にもつながってきます。冬場は木の上に1枚何か引くだけで寝転んでも寒くありません。よく縁側で夏は涼しく、冬は暖かくといいますが正しくその環境を構築できるのが木造建築の良いところだと思います。