和室には、断熱性がある、調質性に優れている、リラックスできるスペースになる、子供が遊んで転倒をしても衝撃を少なくできるなどのメリットがあります。しかし、デメリットも存在するので、メリットとデメリットを考慮して、和室を設置するのか考えてみるとよいでしょう。
畳は年月が経つにつれて劣化をするので、定期的に畳替えが必要です。3~5年ほどしたら畳表をはがして、裏返して畳床に貼り直す「裏返し」を行います。裏返しから5年ほど経ったら、畳表を新しいものに貼り換える「表替え」を行います。そして、10~20年ほど経って畳床が傷んできたら畳をすべて新しくします。
畳のメリットを得たり、和室を快適に使うためには、このような畳のメンテナンスが必要です。
また、畳はフローリングに比べて撥水性が高くないので、飲み物などこぼさないように注意が必要です。こぼしてしまったときには速やかに拭き取り、きちんとお手入れする必要があります。